« yumming | トップページ | 情熱大陸 »

2009年9月15日 (火)

ユーミンコンサートツアー2009「TRANSIT」

Ca390424_2 Ca390425

4年ぶりのユーミンのコンサートは県民ホールの8列目の真ん中でとてもいい席でした。

そんなに期待はしていなかったんだけど、ユーミンやってくれました。happy01

始まる前にステージの真ん中に台があってその上にアンティークな大きい木箱が置かれていました。ステージはドーム状の大きなセット。その後ろにスクリーン。

イメージとしてはヨーロッパの駅って感じでしょうか。

始まる合図と共につなぎを着た作業員を演じる人達が小さな木箱を持って10人くらい登場しました。

その数人がステージの大きな木箱を持ってステージの下に下ろすと、中にはヨーロッパの駅にありそうな大きな時計。その時計が上へ上がっていきます。

何もなかったステージに下ろした木箱をどけると、木製の古いピアノとユーミンが入ってました。ヨーロッパの貴婦人のような衣装で、ピアノの弾き語りで「航海日誌」でライブは始まりました。

3曲目の「ピカデリーサーカス」でピアノが360度回転したかと思うと今度は、床がコーヒーカップのように∞に回転し始めました。typhoon

4曲目でユーミンが真ん中の台に上がって時計の中に入り、影だけがこちらに映ります。

ユーミンを乗せたまま時計は上へ上へ、次の瞬間時計の中は空っぽでユーミンは客席の扉から登場。今度はフラメンコの衣装でした。

これで会場は一揆に総立ちになり、前半からかなりの盛り上がりでした。

会場はユーミンの魔法にすっかりかかってしまいました。

途中、小田さんのコーラスをしていた加藤いづみさんのご主人の今井マサキさんと歌うコーナーがありました。

いづみさん小田さんのツアーでは、ロマンスはなかったのに、その後のユーミンのコーラスでしっかりイケメンの旦那を見つけちゃいました。(笑)

後半は一揆に最後までMCなしです。照明もとてもきれいでした。

最後のほうで、シルバーのミニのワンピースを着て登場。足がきれいでとてもかわいかった。coldsweats01「14番目の月」で盛り上がりは頂点に。。。

アンコールでは大好きな「ダンデライオン」。。weep

思い出いっぱいの「埠頭を渡る風」が聞けて。。。crying もう心はすっかり乙女に戻ってました。

ユーミン、かなりボイストレーニングを積んできたのがわかりました。

声は低くなってるんだけど、太く強い声でいろんなところから、どうにか声をだしてました。

小田さんもそうだけど、成功した人のライブはお客さんに対して腰が低いというか、一生懸命手を振ってくれたり、笑顔を向けてくれる。

いくつになってもユーミンはユーミンだった。おばあさんになってもユーミンでいてください。

ユーミンはライブが1番輝いてるannoy

もっとうまい人はいくらでもいるだろうけど、ユーミンのあの声だから何か感じるものがあります。heart02

偶然みつけたんですが、四国ではユーミンと小田さんのテアトロン同じ照明チームだったんですね。

|

« yumming | トップページ | 情熱大陸 »

コメント

ルラさん、久しぶりのユーミンの世界、楽しかったです。
ユーミンは夢の世界へつれていってくれます。
あと5箇所くらい残ってます。
是非、行ってみてください。ここ10年くらいのユーミンのライブで1番感動しました。happy01

投稿: 海 | 2009年9月16日 (水) 06時37分

w(*・o・*)w ワァアアアア
読んでるだけで行きたくなっちゃった!!!
好きな曲ばかり。。
静かに聴いてた乙女の頃を思い出しちゃいました(*^^*)
良い席でユーミンを聞けてよかったですネ♪
このツアーは近くであったら行ってみたいです(*^^*)

投稿: ルラ | 2009年9月16日 (水) 00時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« yumming | トップページ | 情熱大陸 »